スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【環境時代の企業行動】(11)社会貢献にCO2削減活動

2008年09月01日 23:00

 環境省は4月から環境への取り組みのトップランナーを目指す企業を認定する「エコ・ファースト制度」を立ち上げ、7月1日時点で11社が認定されている。このうち金融機関では、びわこ銀行と滋賀銀行の2行が認定された。

 びわこ銀行が環境への取り組みを始めたのは1975年のこと。滋賀県で行われた全国植樹祭で、県内の学校や公園などに苗木を寄付したのに始まる。以降、これまでに11万本の苗木を植樹している。また、2003年に全国の銀行で初めて環境事業部を設け、社内に「環境銀行」を創設した。

 環境銀行は(1)個人や事業者を対象にした環境融資、個人向けのエコ定期預金などの環境関連事業(2)全店舗の二酸化炭素(CO2)排出量を12年度に33%減(90年比)を目指したオフィスの省エネ化などの環境対策(3)自然環境保全などの地域社会への貢献-の大きく3つの活動を行っている。

 このうち環境関連事業では、チーム・マイナス6%の一員として、1日に1キログラム以上のCO2削減のチャレンジ宣言者に、通常の利率に0・2%を上乗せし、毎年10月末の残高の0・02%を預金者に負担をかけずに銀行が環境保全団体に寄付する「CO2ダイエット・チャレンジ定期預金」をはじめ、オール電化や地元の木材(びわこ材)を使った住宅など環境にやさしい住宅の購入やリフォームなどに優遇金利で融資する「エコライフプラン」などのユニークな事業を展開している。

 これらの環境関連事業は、2004年から四半期ごとに実績をまとめ、環境関連事業活動のみで損益計算書を作成し、公表している。

 社会貢献活動では、今年8月9日から17日にかけて開催された「びわ銀エコ・カップ学童野球大会」にカーボンオフセットの仕組みを導入。参加チームの野球場までの往復にかかわるCO2排出量を計算し、排出量に見合ったクレジットを銀行が購入し、その資金を各チームに負担してもらった。

 この試みをきっかけに参加チームは徒歩や自転車、公共交通機関を利用するようになり、自動車を使う場合にも相乗りやマイクロバスを活用するケースが増大。マイカーの利用は前回の大会に比べ約27%減少し、CO2に換算すると、参加者全員が排出量を1人1キログラム程度削減した効果が生まれた。

 CO2排出量が相殺されずに残った分(約4トン分)は、カーボンオフセットの仲介事業者を通じ、インドからバイオマス発電の排出量を購入し、CO2排出削減に貢献するとともに環境学習の面でも効果を上げた。

 こうした取り組みを実践できるのも、地銀としての役割をしっかりと認識し、環境活動に誇りを持っているからだと思われる。同様の取り組みが全国各地に広がっていくことが望まれる。

(2008/09/01 FujiSankei Business i.)
スポンサーサイト

出場チームがCO2排出枠購入 びわ銀エコ・カップ学童野球

2008年08月05日 23:00

 びわこ銀行は4日、大津市の皇子山球場などで9日から始まる協賛事業「びわ銀エコ・カップ手島杯争奪学童野球大会」で、出場チームの自動車利用に伴う二酸化炭素(CO2)排出量を専門機関から事前に購入した排出枠で相殺するカーボンオフセット方式が導入されることになったと発表した。

 ■球場までの自動車利用分

 多くの人が集まるイベントを利用して地球温暖化対策の重要性を発信する狙い。

 県内43チームの会場までの利用交通機関を調べて自動車のCO2排出量を試算し、CO2の4トン分の排出枠を1万5000円程度で購入した。取得した排出枠はインドのバイオマス発電プロジェクトで生じる。各チームの了解を得て大会参加費にそれぞれ300円を上乗せした。

 カーボンオフセットの実施を受け、電車の利用や相乗りなど環境に配慮するチームが増えたため、自動車利用は前年比で約4分の3になる見通しになった。

 同大会は、大津市軟式野球連盟の主催で17日まで開かれる。リサイクル活動を始めた昨年から「エコ・カップ」に改称した。

(2008/08/05 京都新聞)

投資信託で排出権購入

2008年07月25日 23:00

投資信託で排出権購入

=地球温暖化対策で―びわこ銀=

 びわこ銀行は24日、地球温暖化対策として、投資信託ファンドの0.1%程度で温室効果ガス排出権を購入し、日本政府に無償移転する商品の申し込みを28日から受け付けると発表した。預金の預入額の一部を排出権購入に充てる商品は他行が販売しているが、投資信託を活用するのは地方銀行で初めてという。

 同行は1万円につき10円程度で排出権を購入する。購入した権利は京都議定書で日本政府に義務付けられた二酸化炭素(CO2)の削減目標数値に算入される。顧客はファンドへの投資で、間接的に日本のCO2削減の取り組みに貢献する。

 ファンドの運用は岡三アセットマネジメントが行う。同社は日本の金融商品取引所に上場する株式のほか、世界の通貨で相対的に金利の高い米国や豪州など十数カ国の中から8種類を選び、現地通貨建ての国債など短期証券に分散投資する。

 申込単位は1万円以上1円単位。決算日は原則として3、6、9、12の各月20日。

(2008/07/25 時事通信)

<びわこ銀行>CO2削減で金利優遇の定期預金発売へ

2007年07月09日 08:30

 びわこ銀行(本店・大津市)は9日、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)削減に取り組むと、金利が優遇される「CO2ダイエット・チャレンジ定期預金」(仮称)を今秋に発売することを明らかにした。政府が進める地球温暖化防止の国民運動「1人1日1キロのCO2削減」キャンペーンへの協賛。

(207/07/09 毎日)

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。