スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英バークレイズ銀、「炭素クレジット」のインデックスを設定

2007年12月17日 23:00

英バークレイズ銀行の投資銀行部門、バークレイズ・キャピタルはこのほど、CDM(クリーン開発メカニズム)などの温暖化ガス排出量削減プロジェクトから発生する「炭素クレジット」のインデックスを設定した、と発表した。炭素クレジットのインデックスが設定されるのは初めて。

当面は京都メカニズムの枠組みに基づいて行われるCDMやJI(共同実施)とEUETS(欧州連合排出権取引)の炭素クレジットを取り扱い、それぞれを対象とした2つのサブインデックスを設定する。新たな排出権取引制度が立ち上がれば、そこで生まれるクレジットも対象としていく予定だ。バークレイズ・キャピタルは、2008年に京都議定書の第1約束期間が始まり、EUETSの第2取引期間が始まるのを受け、排出権取引市場が急拡大すると予測。投資家の投資リスクの軽減を図ることを狙いに、インデックスを設定した。

バークレイズ・キャピタルは従来から、環境関連の金融商品を専門に扱う部署を設置するなど、環境関連商品の開発に力を入れてきた。新インデックスの公表に先立っては、気候変動枠組み条約締約国会議でCDMの仕組みづくりに携わってきたシンクタンクの職員など、排出権取引の専門家6人を採用している。

(2007/12/17 日経エコロジー)

スポンサーサイト

米シティ:環境・規制関連業務の責任者を英バークレイズから採用

2007年08月30日 23:00

米シティグループが、環境・規制関連業務担当の責任者として、英バークレイズのディレクターだったポール・ドーソン氏を採用したことが30日、明らかになった。

バークレイズでディレクターとして商品規制の関連業務を5年間担当した経歴を持つドーソン氏は同日、電話インタビューに応じ、「この業界はいま、活況を呈している。シティの業務は拡大しており、わたしもその一端を担いたい」と述べた。

顧客の需要が高まるなか、シティグループは欧州のエネルギー事業を拡充している。昨年12月にはバークレイズのポール・ミード氏を欧州の電力・ガス・排出権取引担当のマネジングディレクターとして採用。先週にも、北欧市場を中心に欧州の電力取引を担当するトレーダーをバークレイズから採用した。

ドーソン氏によると、同氏は既にシティグループで勤務しており、ロンドン在勤となる予定。ドーソン氏は現在、気候変動の問題に取り組む民間団体である国際排出権取引協会(IETA)の副会長を務めている。

(2007/08/30 Bloomberg)

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。