スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和証券、排出権価格参照クーポン付ユーロドル債を開発

2006年02月27日 08:30

大和証券SMBCと大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツは、二酸化炭素の排出権価格を参照したクーポンが付与されたユーロドル債(CO2L Bond)を共同開発した。

「CO2L Bond」は、排出権取引に直接参加できない個人などの投資家が排出権取引の経済効果を得るためのもの。地球温暖化ガス削減事業の推進も狙いの一つ。元本格付けAAA取得予定の米ドル建ての債権。金利相当分で08年から12年に発生する京都議定書のクリーン開発メカニズムによる認証排出削減量を先渡し契約に基づいて発行時に決定する固定価格で毎年購入することで、地球温暖化ガス削減事業を支援する。購入した認証排出削減量を、毎年の利払い前に市場に売却した代金を利金として支払う。

第1号債では、日揮、丸紅、大旺建設が共同出資して設立したJMD温暖化ガス削減が推進する中国での代替フロン製造工場での事業を対象とする。代替フロン製造工場で排出されている地球温暖化フロンガスの回収、分解で得られる認証排出削減量を購入するという。

(日経エコロジー、EMF)
スポンサーサイト

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。