スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずほFG、排出権の取得代行・顧客企業のリスク軽減

2005年07月19日 08:30

みずほフィナンシャルグループは信託の仕組みを活用して温暖化ガス排出権を取得、提供する新手法を開発した。信託銀行が取得契約者として手続きなどの責任を負うため、買い手企業のリスクを軽減できる。第一弾として東京リースの取得を代行、排出権を早期に確保しようとする企業の動きを後押しする。

海外の温暖化ガス削減事業による排出権を売買するには国連に事業を登録、実際に計画通りの削減効果があるかの検証を毎年受け、国連から排出権の証明を得る必要がある。手続きが遅れたり、事業がうまくいかないと代金を支払ったのに実際の排出権は得られない恐れがあり、一般の企業にはリスクが大きい。

(日経 2005/7/19)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/1-320844a9
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。