スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーム油をバイオ燃料に、政府がマレーシアに技術協力へ

2007年08月17日 23:30

 政府は16日、地球温暖化対策の一環として、マレーシア政府に対し温室効果ガスの削減につながるバイオ燃料生産の技術協力をする方針を決めた。

 アブラヤシを原料とする植物油「パーム油」をバイオ燃料に転換する技術開発の協力を2008年度にも開始する。8月23日からの安倍首相のマレーシア訪問の際、両国首脳が取りまとめる合意文書に盛り込む。

 バイオ燃料は植物から作る自動車の燃料で、トウモロコシなどから作るバイオエタノール、パーム油などの食用油から作るバイオディーゼルなどがあり、ガソリンや軽油などと混ぜて利用することが多い。原料の植物が二酸化炭素を吸収しているため、燃やした時の二酸化炭素排出量はゼロと見なされる。

 マレーシアはバイオ燃料の原料となるパーム油の世界有数の生産地で、生産量は世界全体の約45%を占める。同国政府は農業活性化と原油依存からの脱却を目指し、パーム油を利用したバイオ燃料の普及促進を図っている。しかし、精製の技術が遅れており燃料に不純物が混ざりやすいため、5月に来日したアブドラ首相が安倍首相に技術開発面での協力を求めていた。

 日本の技術協力はバイオ燃料の高度な生産技術を持つ、経済産業省所管の独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」が中心になって行う。大手自動車メーカーなども関心を寄せており、参加する可能性がある。将来的には共同生産なども視野に入れており、事業規模は数十億円になる見通しだ。

(2007/08/17 読売)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/117-4340e24c
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。