スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中国は世界最大のCO2排出国家」 実証可能なデータ無し

2007年08月16日 23:00

 米ホワイトハウス環境クオリティー委員会のジェームズ・コノートン委員長は14日北京で、海外メディアの報道する「中国はすでに米国を上回り、世界最大の二酸化炭素(CO2)排出国家になった」という言説に関し、「現在のところこれらの言説を実証できる正確なデータはない」との認識を示した。

 コノートン委員長は、「中国は2006年、2010年までに部門経済のエネルギー消費を20%削減するという5年間の努力目標を制定したが、これは非常に積極的で意気込みにあふれた目標といえる。我々は目標の実現に細心の注意を払っていくだろう」と述べた。

 また、コノートン委員長は、「9月から米国が音頭を取って温室効果ガスの排出削減の長期目標を協議する一連の会議を開催する。同会議には米国、日本、ロシア、カナダ、欧州の主要工業国、インドや中国など15カ国が参加する予定だが、中国には強力な陣容を派遣してほしい」と述べた。

(2007/08/16 日中経済通信)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/118-161fbc35
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。