スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米シティ:環境・規制関連業務の責任者を英バークレイズから採用

2007年08月30日 23:00

米シティグループが、環境・規制関連業務担当の責任者として、英バークレイズのディレクターだったポール・ドーソン氏を採用したことが30日、明らかになった。

バークレイズでディレクターとして商品規制の関連業務を5年間担当した経歴を持つドーソン氏は同日、電話インタビューに応じ、「この業界はいま、活況を呈している。シティの業務は拡大しており、わたしもその一端を担いたい」と述べた。

顧客の需要が高まるなか、シティグループは欧州のエネルギー事業を拡充している。昨年12月にはバークレイズのポール・ミード氏を欧州の電力・ガス・排出権取引担当のマネジングディレクターとして採用。先週にも、北欧市場を中心に欧州の電力取引を担当するトレーダーをバークレイズから採用した。

ドーソン氏によると、同氏は既にシティグループで勤務しており、ロンドン在勤となる予定。ドーソン氏は現在、気候変動の問題に取り組む民間団体である国際排出権取引協会(IETA)の副会長を務めている。

(2007/08/30 Bloomberg)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/131-e14ae58c
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。