スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米で人気のTV番組「24」がCO2を削減

2007年09月12日 23:00

米で人気のTV番組「24」がCO2を削減
劇中で温暖化防止を呼びかけ、番組制作過程でも削減

2008年1月から米国で放送予定の人気テレビ番組「24 TWENTY FOUR」の最新作・第7シーズンが、「カーボンニュートラル」を目指す。

「24」は、米20世紀フォックステレビジョンなどが制作するドラマ。米連邦政府の組織で捜査官を務める主人公、ジャック・バウアーが、テロの脅威から24時間で米国を救うというストーリーが受け、これまでに日本など世界の200地域以上で放送されてきた。

そしてカーボンニュートラルとは、個人や企業、団体が、何らかの行動や事業活動をすることで増えてしまうCO2などの温暖化ガスを、省エネやCO2削減に取り組むことで減らして相殺し、炭素の増減をゼロ(=ニュートラル)にすることだ。

石炭や石油などを燃料に使うクルマや飛行機などに乗ったり、火力発電所からの電力を使うとCO2が発生する。これを相殺してゼロにするため、例えば火力発電の電力の代わりに風力や太陽光などの自然エネルギーを使ったり、CO2の排出を相殺できる「排出権」を買うなどの方法が採られている。

(2007/09/12 日経BP)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/142-e63d1407
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。