スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタなどへの訴え退ける 温室ガス排出で米地裁

2007年09月18日 23:00

 自動車の排ガスにより、温暖化や健康被害への対策などで多額の財政支出を強いられているとして、トヨタ自動車など日米の自動車大手6社に米カリフォルニア州政府が損害賠償を求めた訴訟で、サンフランシスコの連邦地裁は17日、訴えを退ける判断を示した。AP通信が伝えた。

 温室効果ガスを排出する自動車を生産するメーカーの責任を問う全米初の訴訟だったが、地裁は、地球温暖化に関して自動車メーカーがどの程度の責任を負うべきかは司法ではなく、立法、政治判断に委ねられるべきだと指摘した。

 他の被告はホンダ、日産自動車、ゼネラル・モーターズ(GM)、クライスラー、フォード・モーター。州側は昨年9月に提訴した。

(2007/09/18 共同)

スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/144-91c2f7e7
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。