スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井住友銀、南米で排出権取引拡大

2007年10月22日 23:00

 三井住友銀行はペルーのカナダ系地場銀行のスコチアバンク・ペルーと提携し、南米で温暖化ガスの排出権取引事業を拡大する。これまでのブラジルに加えペルーの環境事業を発掘し、日本企業との排出権取引を仲介する。南米の排出権取引は中国などと比べ小規模なものが多く、現地銀行の情報網を活用して、日本企業の需要に応える。

 ブラジル三井住友銀行が京都議定書に基づく排出権取引の仕組みであるクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトの組成を支援する。温暖化ガスの排出削減につながる事業への融資や排出権の仲介手数料で収益を得る。

(2007/10/22 日経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/173-0c486633
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。