スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000万トンを追加削減 温室効果ガスで産業界

2007年10月23日 23:00

 地球温暖化対策を協議する経済産業省と環境省の審議会の合同会合が23日、都内で開かれ、全日本トラック協会など4業種が温室効果ガス削減に向けた自主目標の引き上げを表明した。これで産業界が策定した自主行動計画の見直しが出そろい、追加削減の規模は21業種の合計で約2000万トンとなった。

 京都議定書の目標達成には現在の対策を続けても2000万-3400万トンの削減不足が生じるため、自主的な目標にすぎない産業界だけの取り組みでは不十分との指摘も多い。今後は、排出量が急増している家庭部門での対策が重要となりそうだ。

 合同会合は12月に最終報告をまとめる。政府はこれを基に来年3月に京都議定書の新たな目標達成計画を決定する。

(2007/10/23 共同)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/177-1f61c5f1
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。