スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化ガス2年ぶり減、昨年度国内排出、暖冬が影響―議定書達成なお遠く。

2007年11月06日 23:00

環境省は五日、二〇〇六年度の温暖化ガスの国内総排出量(速報値)を発表した。二酸化炭素(CO2)換算で十三億四千百万トンとなり、前年度比一・三%減少した。暖冬の影響で二年ぶりに減少に転じたものの、京都議定書の基準年の一九九〇年度の水準を六・四%上回っている。九〇年度比六%減という目標を達成するには一二・四%分の削減が必要で、なお道のりは厳しい。

同省は総排出量を計算する基になる各種統計データの変更に合わせ、〇五年度の実績値も修正した。

〇六年度排出量の部門別では、運輸部門が〇五年度比〇・九%減った。原油価格の高騰でガソリン価格が上がり、消費者が自家用車の利用を控えたのが主因。オフィスなど業務部門は二・六%、家庭部門は四・四%それぞれ減少した。暖冬の影響で電力や灯油の消費が減ったことが寄与した。ただ、九〇年度比でみると、運輸が一七%、業務が四一・七%、家庭が三〇・四%それぞれ増えており依然高い水準が続いている。

産業部門は〇五年度比〇・六%増。景気が上向いたため、企業活動が活発になり、生産が増えたことなどで部門全体の排出量が増えた。九〇年度比では五・六%減だった。

環境省によると、〇五年度より改善した一・三%分はCO2約千八百万トンに相当し、そのうち三分の二が暖冬の寄与分。特殊要因が大きく政策の成果は見えにくい結果となった。政府は京都議定書の削減目標を達成するための追加対策を十二月までにまとめる計画だが、目標と現実の差は大きく今後抜本的な対策を打ち出せるかどうかが焦点となる。

(2007/11/06 日経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/188-929947da
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。