スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室効果ガス排出権登録システム、世界で初めて国連と接続

2007年11月15日 23:00

 政府は15日、温室効果ガスの排出権を登録する政府のシステムが、世界で初めて、国連のシステムと接続したと発表した。

 各国政府はそれぞれ、自国内での排出権管理システムを持っている。日本以外の国も順次、国連システムと接続する予定で、最終的には国連システム経由で政府間の排出権売買が可能になる。

 京都議定書では、各国の温室効果ガス削減義務の達成に向けて、自国内での削減が難しい政府や企業が、途上国で削減事業を行うなどして排出権を取得し、削減量とすることを認めている。海外から取得する排出権は、国連での認証審査を受けた後、各国政府のシステム内に設けられる企業などの「口座」に割り振られる。国連システムに接続することで国境を超えた「口座」間の取引が行えるようになる。
 
(2007/11/15 読売)
スポンサーサイト

コメント

  1. yutakarlson | URL | .BcbyNME

    国連システムでの排出権取引

    はじめまして。ピザテンフォーのyutakarlsonです。国連の活動と連動すれば、ますますやりやすくなると、思います。ピザテンフォーでは紙のピザボックスそのものを、なくす運動を展開中です。詳しくは、私のブログをご覧になってください。
    ピザテンフォー全店で、紙のピザボックスをなくしたとすると、年間500トン以上のCO2削減効果があります。そこで、排出権に換算するといくらになるのかを計算してみました。現在排出権の取引価格は大体1トン500円ですから、掛け算をすると判ることですが、25万円に過ぎません。これでは、排出権ビジネスをしてもあまり意味がありません。やはり、海外だとまだまだ、未曾有うの案件があるので、やりやすいのでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/196-d80c7127
この記事へのトラックバック

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。