スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連がカーボンフリー宣言 CO2排出相殺へ資金拠出

2007年12月13日 23:00

 国連環境計画(UNEP)のシュタイナー事務局長は13日までに、国連の全機関が出した二酸化炭素(CO2)を、地球温暖化対策への資金拠出を通じて相殺する「カーボンフリー」を目指すと決めたことを明らかにした。

 手始めに、気候変動枠組み条約締約国会議の参加者が、インドネシア・バリ島に航空機で集まったことによる排出を埋め合わせる。国連の20機関が、近く運用が始まる発展途上国の温暖化対策支援基金に計約10万ドル(約1100万円)を拠出する。

 シュタイナー事務局長は「潘基文事務総長の主導で、バリ会議に限らず国連のあらゆる活動で今後、温室効果ガスの排出を相殺する。UNEPが先頭を切り来月から実施する」と述べた。

 イベントや旅行で出たCO2を、植林など削減事業への出資などによって相殺することは「カーボン・オフセット」と呼ばれ、各国で盛んになっている。

(2007/12/13 東京新聞)

スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/234-0e989fb2
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。