スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コープネット事業連合、国内初のCO2ゼロ店舗を出店-今夏、首都圏に

2008年01月21日 23:00

 国内初の「二酸化炭素(CO2)ゼロ店舗」が誕生する。一都七県の生協で構成するコープネット事業連合(さいたま市、赤松光理事長)が今夏、第1号を出店する。途上国で削減事業を行うクリーン開発メカニズム(CDM)に基づく国連発行済みの温室効果ガス排出権を取得し、排出量相当分を相殺する仕組み。製造業の排出権活用は広がりつつあるが、商品やサービスに排出権を組み込む「カーボンオフセット」(用語参照)は日本では緒についたばかり。店舗ごとオフセット(相殺)する試みは地球温暖化対策の新たな手法として注目を集めそうだ。

 6月から9月にかけて東京、千葉、埼玉の3カ所で「CO2ゼロ店舗」を相次ぎ出店する。コープネット事業連合は、08年から2012年の温室効果ガス排出量を年平均で02年度比1%削減する計画を策定している。新規店舗は設備の省エネ化を進め、従来型に比べ約20%以上の温室効果ガス削減を目指す。

(2008/01/21 日刊工業)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/263-de233ea7
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。