スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱商事、排出権を小口販売・まずサンリオなど6団体

2008年01月22日 08:00

 三菱商事は温暖化ガス排出権を数千トンの小口単位で提供する新サービスを始める。23日から東京海上日動火災保険、サンリオや電機メーカーを含む6団体向けに計5万トンの排出権を、三菱UFJ信託銀行の信託の仕組みを利用して譲渡する。排出権は電力や鉄鋼など二酸化炭素(CO2)の大量排出事業者が数十万トン単位で取得するケースが大半。企業の業務負担を軽減することで、自主的な排出量削減や企業の社会的責任(CSR)などを目的とした、すそ野需要を取り込む。

 三菱商事は韓国の代替フロン分解事業から調達した排出権を三菱UFJ信託銀に移す。三菱UFJ信託銀は管理や保管を担当するが、温暖化ガスの排出を相殺できる権利は「受益権」として分離し、三菱商事向けに発行。さらに、これを小口にして需要家に売る仕組みだ。販売実務は三菱UFJ信託銀が受け持つ。

(2008/01/22 日経)
スポンサーサイト

コメント

  1. 会計し | URL | 4Md3IOk2

    受益権の会計処理も排出権を持っているのと同じ
    http://www.imes.boj.or.jp/japanese/zenbun98/kk17-4-6.pdf

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/269-382ae705
この記事へのトラックバック

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。