スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新日鉄、温暖化対策の鉄連自主行動計画目標の達成確実に

2008年01月22日 23:30

 新日本製鉄は地球温暖化対策の業界目標の達成が、ほぼ確実になったと明らかにした。環境投資の実施基準を緩和し、省エネルギー設備を増強。過去の環境投資の効果や二酸化炭素(CO2)排出権を積算することで、2010年度に同排出量を90年度比9%削減することに、新日鉄としてめどが立ったもの。同社ではこの実績を元に、ポスト京都議定書の枠組み構築議論に対し、業界の主張を強めていく構えだ。

 原油高でエネルギーコストが上昇した結果、「今までより投資効率が良くなるため、省エネ投資の判断基準も引き下げる」(三村明夫社長)とし、環境投資額を一層、積み上げる。こうした施策も加味することで、日本鉄鋼連盟が定めた自主行動計画の目標が、新日鉄としても「このままなら十分達成可能」(同)となった。

(2008/01/22日 日刊工業)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/285-b4ed1e75
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。