スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2を排出しないホテル、上海で初めてOPEN

2008年02月04日 22:00

 二酸化炭素の排出権取引と、ホテル自身の環境に対する取り組みを盛り込んだ上海で初めての二酸化炭素を排出しないホテルが登場した。

 このホテルは「URBAN Hotel」とよばれ、上海市中心部の膠州路に位置する。建物は1970年代に建築された郵政局を利用し、客室数は26しかない。しかし、各部屋には平均6平米の緑地が用意されている。また、ホテルの内装に使われる材料は再生品を多用し、塗料なども環境に優しいものを使っている。

 ホテル側は、環境保護団体「Climate Brige」と契約し、ホテルから毎日発生する二酸化炭素を計算して、排出権を購入している。また、宿泊客には自転車を提供して、車に乗らないように働きかけている。

 「URBAN Hotel」では、今後この手のホテルを北京・杭州・大連・蘇州などにも広めていきたいとしている。

(2008/02/04 Shanghai Explorer)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/301-df55d8f2
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。