スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排出国会議、非公式会合を開催

2008年03月14日 23:00

 米国が主導し日欧中などが参加する主要排出国会議(MEM)の非公式会合が14日、千葉市の幕張メッセ国際会議場で開かれた。4月に開催予定の首脳個人代表級会合に向けて気候変動問題の課題整理を行った。

 会合では資金や森林破壊などのテーマについて協議。長期目標と中期目標、産業、家計や運輸など部門別対処(セクター別アプローチ)の3点が議論の重要な課題になることで一致した。「部門別対処の議論はMEMの成果物になる」との意見が出され重点的に協議される見通しとなった。排出権取引に関する議論は進展しなかった。

 日本政府は、中長期の取り組みで技術開発の重要性を主張して低炭素社会の実現を訴え、多くの国からも同様の意見が出された。次回は4月16日からフランスで首脳個人代表級会合を開く予定。

(2008/03/14 産経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/337-21044614
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。