スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宅配時、通販の顧客が排出権購入・佐川、三井住友銀と新サービス

2008年02月26日 23:00

 佐川急便は26日、三井住友銀行と組み、通信販売の商品購入者が温暖化防止に貢献できる商品宅配サービスを始めると発表した。通販業者から商品を購入する消費者に1回あたり10円以下を追加で負担してもらい、二酸化炭素(CO2)の排出権を購入する。資金は発展途上国の温暖化防止事業に使われ、京都議定書で定めた日本のCO2排出削減目標の達成にも寄与できるという。

 佐川は三井住友銀を通じ、インドの風力発電プロジェクトを対象とした1万トンの排出権を購入。新サービス「CO2排出権付き飛脚宅配便」に登録した通販業者の顧客に、排出権の購入資金の一部を負担してもらう。佐川も同じ額を支払う。消費者の負担額は各通販業者と調整するが、配達1回当たり10円を超えない見込み。

 通販業者は新サービスに登録することで温暖化防止に取り組む姿勢をアピールするできる。登録業者は追加負担のある新サービスと通常の宅配サービスのどちらを使うかについて、商品購入サイトで消費者に判断をゆだねることもできる。

(2008/2/26 日経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/345-ed7c6c88
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。