スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排出権信託受益権の取得について~ 社会貢献活動の一環としてカーボン・オフセットを導入 ~

2008年03月26日 18:00

 アコム株式会社(社長:木下盛好、以下「アコム」)は、地球温暖化防止への取り組みとしてカーボン・オフセットを導入するため、三菱UFJ信託銀行株式会社(社長:上原治也、以下「三菱UFJ信託銀行」)より二酸化炭素換算5,000トン相当分の排出権信託受益権を取得いたしました。



1.カーボン・オフセット導入の目的
 当社では、社会貢献活動の一環として文化・芸術・スポーツ支援、消費者啓発・金銭教育支援および社会福祉支援などの活動を通じて、「身近なアコム」、「社会に調和した企業市民」を目指しております。さらに、今般、深刻化する地球温暖化問題への取り組みとして、「チーム・マイナス6%」の活動と併せ、国連で承認された温室効果ガス削減プロジェクトによる排出権を三菱UFJ信託銀行より取得し、当社の企業活動から排出される温室効果ガスの一部を相殺(オフセット)する仕組みを導入することとしました。また、京都議定書による日本の温室効果ガス削減約束の達成に貢献するため、取得した排出権を日本政府へ無償譲渡します。

2.排出権信託受益権の取得内容
(1)排出権の種類
「韓国ウルサン市におけるフロンガス破壊プロジェクト」(国連CDM理事会承認番号003)
(2)取得量
二酸化炭素換算 5,000トン相当分
(3)カーボン・オフセット対象
当社主催のバリアフリーコンサート「アコム“みる”コンサート物語」公演活動および本社ビルなどから排出される年間約1,000トンの温室効果ガスについて、今後5年間にわたり計5,000トンのカーボン・オフセットを実施します。

以上
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/353-8002cf1a
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。