スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸紅、日本企業初となる排出権の国際移転取引を実施

2008年03月28日 23:00

丸紅株式会社(TSE:8002)、以下、「丸紅」)は、英国の排出権専門業者であるEcoSecurities社との間で、日本企業として初めて発行済み排出権の国際間移転取引を3月26日付にて実施しました。

現在、排出権の国際間の口座移転に必要な国際取引ログ(ITL: International Transaction Log)は、国連と日本、スイス、ニュージーランドの3カ国の間でのみ開通しています。 今回 丸紅は、当社の日本国内口座からEcoSecurities社のスイスおよびニュージーランドの2カ国にある同社の口座への排出権の移転取引を行いました。

現在、排出権移転のためのシステムである国際取引ログ(ITL)の整備が遅れており、ITLへのリンク完了国は、日本、スイス、ニュージーランドにとどまっています。一方、本年から京都議定書第1約束期間が既に始まっており、排出権の移転が本格化する見込みです。同状況下、当該国際排出権取引により、日本国内各客先向けの排出権移転に対するITL整備遅延の影響を、ITLリンク済み両国内口座の活用により軽減できることを実証いたしました。

丸紅は、日本政府、日本企業の排出権需要に対し、安定した排出権供給を実現すべく、自社案件開発に加え、海外有力企業との提携も含めた調達活動を推進しております。ITLの整備遅延等の不測の事態にも対応した、最良の顧客サービス提供を念頭に取組みを進めてまいります。

英EcoSecurities社の概要

所在地 : Regus House, Hercourt Road,Dublin 2,Ireland
資本金 : 7,070万ユーロ
会社設立 :1997年3月
従業員数 :160名
事業内容 :CDM事業のトータルマネジメント、及び排出権取引のコンサルティング会社
株主構成 :Redre Henrique Moura Costa(10.70%) Marc Stuart(9.01%) Credit Suisse International(8.29%)

(2008/03/28 JCN Newswire)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/364-5a9da4ec
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。