スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連水の日、ブラジルの瀑布に巨大オブジェ出現、水資源保護を訴え

2008年03月23日 00:00

 世界自然保護基金(World Wildlife Fund for Nature、WWF)は22日、ブラジルとアルゼンチンにまたがる瀑布・イグアスの滝(Iguacu Falls)に空気で膨らませた高さ15メートルの巨大な浄水装置のオブジェを設置して報道陣に公開した。

 3月22日は国連(UN)が水資源の保全・開発の啓発活動をするために制定した「世界水の日(World Water Day)にあたる。

 世界自然保護基金はこの日を記念して、気候変動によって危機に直面している水資源の保護を訴えた。同基金によると、ブラジルには世界中の淡水の13.7%が存在するという。

(2008/03/23 AFP)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/375-a219916d
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。