スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井物産、カタール発電・造水プラント事業に参画

2008年03月26日 23:00

三井物産(TSE:8031)は、スエズ・トラクタベル社(ベルギー)と共同で、カタール水電力公社から同国ラスラファン工業地区での発電・造水の事業権を受注し、事業会社の設立に関する契約に調印しました。

本事業会社は、2,730MWの発電能力と日量63百万英ガロンの造水能力を持つ新規発電・造水プラントを建設、保有し、完工後25年間にわたりカタール水電力公社に対し電気・水を供給します。総事業費は約39億ドル(総事業費用の約8割をリミテッドリコースファイナンスベースで銀行団より調達予定)であり、今後、本年4月に電気・水の売買契約及びプラント建設契約等を締結し、2011年4月の商業運転開始を予定しています。

中近東地域においては急速な経済発展に伴い、今後も新規インフラ案件が多数計画されています。当社は、中近東地域のインフラ事業を重点分野の一つと位置付けており、引続き積極的に優良案件の受注を目指します。カタール国において当社はこれまでに、Qatargas1/Qatargas3のLNGプロジェクトやLaffan Refineryでの石油精製プロジェクトに資本参画のうえ、エネルギー分野での事業展開を行なっている実績があります。今後は同国内の新規インフラ案件及び新エネルギー案件の開拓・推進、優良資産の獲得に取り組む方針です。

(2008/03/26 JCN Newswire)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/382-d9691704
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。