スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化ガス排出量寄付付き定期預金、初日の販売2億3000万円――滋賀銀

2008年04月02日 23:00

 滋賀銀行が1日から取り扱いを始めた、預金の一定額分を温暖化ガスの排出量購入に充てる定期預金「未来の種」の販売が初日で63件、約2億3000万円に達した。京都議定書による温暖化ガス削減義務の実行期間が始まったこともあり、「顧客の関心は予想以上」(同行)。約60億円の取り扱いを目指しているが、4月中に目標額に到達しそうな勢いだ。

 63件のうち、個人の申し込みが50件(1億1700万円)、法人が13件(1億600万円)。「滋賀県と京都府の顧客がほとんど」(同行)という。

 同定期の預入期間は5年。スーパー定期の店頭金利を適用し、金利優遇はない。預け入れは100円以上で上限は設けない。同行が集まった預金総額の0.1%に当たる額を排出量の購入費として負担。購入した排出量は国に無償で譲渡(移転)する。

 まず2000トン分(約600万円)を購入したため、約60億円の預金獲得を目指す。

(2008/04/02 日経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/391-95807ae6
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。