スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化:北海道・洞爺湖で懇談会開催 福田首相出席

2008年04月05日 23:30

 政府は5日、「地球温暖化問題に関する懇談会」(座長・奥田碩トヨタ自動車相談役)の第2回会合を7月の北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の会場となる北海道・洞爺湖のホテルで開いた。サミットでの主要議題となる地球温暖化問題を巡り、温室効果ガスの排出削減を促進するため、「低炭素社会」のあり方などについて意見を交わした。

 懇談会は福田康夫首相が主宰し学識経験者ら12人の委員で構成。企業ごとに温室効果ガスの排出枠を割り当て、過不足分を取引する「排出量取引」の導入などを検討し、サミットまでの合意形成を目指している。

 この日の会合には、福田首相と甘利明経済産業相、鴨下一郎環境相らも出席。首相は「温暖化問題は産業界だけでなく、すべての国民が参加しなければならない」と強調。1月の施政方針演説で打ち出した「低炭素社会への転換」にも言及した。

 委員の一人の三村明夫・新日鉄会長は「欧州連合(EU)の排出量取引市場の参加者のほとんどは金融やブローカーなど利益目的の参加者で実需は少ない」などと指摘。日本での排出量取引の導入に否定的見解を示した。

 排出量取引を巡っては産業界に根強い反対論もあり、この日の会合では意見の集約には至らないとみられる。【平地修、塙和也】

(2008/04/05 毎日)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/398-32169768
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。