スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸紅、排出権380万トン受注契約 中国、ブラジルなど全8案件採択

2008年04月11日 23:00

 丸紅は11日、日本政府から地球温暖化ガス排出権取得の事業委託を受けているNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の平成19年度公募に応募し、排出権380万7000トン分を受注したと発表した。同社がNEDOから排出権の受注を受けるのは、18年度(計200万トン)に続き2年連続。

 同社によると、受注対象となった排出権事業は▽中国の肥料工場での一酸化二窒素分解事業▽ブラジルでのメタン回収・燃焼事業▽中国のセメント工場での廃熱回収・発電事業-など8件。NEDOに今回応募した案件は「全件採択された」(丸紅)という。

(2008/04/11 産経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/405-8ba9589b
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。