スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霞が関の庁舎建て替えに最新の環境技術導入へ

2008年04月19日 23:00

 財務省は17日、東京・霞が関の庁舎を建て替える際、二酸化炭素(CO2)の排出量を抑える省エネルギー技術を導入する方針を決めた。太陽光発電を増やし、電力で効率的に熱エネルギーを得る「ヒートポンプシステム」も採り入れ、霞が関を地球温暖化対策の「先進地域」にする。

 額賀財務相が17日、首相官邸を訪れ、福田首相に「霞が関から環境問題に取り組む姿勢を国民にアピールしたい」と説明。首相も「よく研究してほしい」と応じたという。財務省は「霞が関低炭素社会構想」と名付け、環境が主要テーマとなる7月の北海道洞爺湖サミットに向け、率先した取り組みを示す狙いだ。

 財務省は11~13年度で高層化する予定の東京・永田町の内閣府B棟を手始めに霞が関の財務省庁舎の高層化や、都内の国家公務員宿舎の建て替えなどで順次、最新の環境技術を導入する。民間資本を活用するPFI方式が有力。

 すでに文科省や金融庁などが入る霞が関の中央合同庁舎7号館で太陽光パネルや風力発電を導入し、CO2排出量を2割削減できたという。今後整備する庁舎では、よりCO2削減ができるヒートポンプシステムを新たに導入するほか、ITを使ってビル全体の排出量を抑えるシステムも課題に挙がっている。

(2008/04/19 朝日)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/432-9d5151dc
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。