スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穀物価格高騰に対応 遺伝子組み換えトウモロコシを輸入 食料原料に供給開始

2008年04月18日 23:00

 スターチ(デンプン)最大手の日本食品化工が、米国産の遺伝子組み換え(GM)トウモロコシを原料とするコーンスターチの供給を飲料メーカーなどに始めたことが17日、分かった。他のスターチメーカーもGMコーンスターチ量産の検討に入った。GM穀物を原料とする食品は消費者に敬遠されるとして、日本では食用油などを除き、ほとんど製品化されていなかったが、今後、GMトウモロコシを使った食品が相次いで販売される可能性が出てきた。

 日本食品化工によると、輸入元の米国で非GMトウモロコシの必要量確保が困難になったことを受け、今年2月に初めてGMトウモロコシを輸入した。すでに「飲料メーカーを含む複数の食品メーカーからの要請に応じる形で、GMコーンスターチの供給を始めた」としているが、供給先は明らかにしていない。年内に調達予定の75万トンのうち、15万トンをGMでまなかう計画だ。

 一方、王子製紙グループの王子コーンスターチは、コーンスターチの大口ユーザーであるビール各社などと値上げ交渉を進める中で、値上げを回避するための有力な選択肢として、価格が安いGM原料を使った製品供給の検討に入った。同社はすでにGM製品の需要拡大を見越し、コーンスターチ製造設備を持つ化学大手、群栄化学工業などとと提携。今後、GM製品需要が拡大した場合、両社の製造ラインのうちの一部をGM製品専用とし、製品を分け合う考えだ。

 GMトウモロコシが使用され始めた背景には、世界的な穀物高騰と、非GM穀物の入手が年々困難になっていることがある。

 日本が9割を頼る米国のトウモロコシは、石油代替燃料のバイオエタノール向け需要の拡大で生産量は年々増加しているが、非GMトウモロコシは作付面積が昨年の約3割から今年は2割弱に減少している。スターチ各社は契約農家に「ジャパン・プレミアム」と呼ばれる上乗せ料金を支払い、食品向けの非GMトウモロコシを確保しているが、「2~3年後には入手が困難になる」(日本食品化工)見通しという。

■怖い消費者離れ ビール・飲料は慎重■

 ビール・飲料各社は、遺伝子組み換え(GM)原料の使用に慎重姿勢を崩していない。遺伝子を組み替えていないコーンスターチの調達難と価格高騰という厳しい環境にあるが、当面は値上げによって対応する構えだ。

 GM原料に慎重な理由として、サッポロビールは「安全性が確保されているというイメージがまだ定着していない」ことを挙げる。GM原料を使用していると表示した場合、売り上げが3~4割減少するとの予測もあり、各社とも製品や企業イメージの悪化を恐れ、GM原料の使用に踏み切れないでいる。

 しかし、現状のままでは、今後の急激な原料高にどこまで対応できるかは未知数だ。非GMコーンスターチの価格は昨年1月以降、約2割も上昇した。それでも過去2年で約2・6倍に急騰したトウモロコシ価格や原油高の影響は吸収しきれておらず、スターチ業界は「存亡の危機にある」(日本スターチ・糖化工業会)という。

 このため、スターチ各社はビール・飲料業界に対し、非GMトウモロコシの値上がり分を負担するか、低価格のGMを使ったコーンスターチに切り替えるかを迫っている。これまでの値上げ交渉の過程では、「ジュースなどについては(GM使用に)柔軟な姿勢をとるユーザーも出てきている」(王子コーンスターチ)との指摘もあり、原材料価格の高騰がビール・飲料各社の背中を押す可能性は否定できない。

(2008/04/18 産経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/440-d3a42618
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。