スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下電工、排出されるCO2を相殺する「カーボンオフセット照明リニューアル」提案を7月開始

2008年04月21日 23:00

高効率・省エネ照明器具(施設用照明器具『Wエコ』など)へのリニューアル提案に合わせて照明器具の使用に伴い排出されるCO2を相殺する『カーボンオフセット照明リニューアル』の提案を7月より開始

 松下電工株式会社は、高効率・省エネ照明器具(※1)(施設用照明器具『Wエコ』(※2)など)へのリニューアル時に、顧客に対し同照明器具使用に伴い排出されるCO2を相殺する『カーボンオフセット(※3)リニューアル』の提案を2008年7月1日より実施します。
 従来、ビルや工場のCO2削減のひとつに高効率・省エネ照明器具の開発・ご提案を推進してきましたが、京都議定書の第一約束期間に入り、顧客からの一層のCO2排出量削減ニーズを受け、このたび、同照明器具使用に伴うCO2排出量のオフセットを提案し、顧客の環境負荷低減活動をサポートします。
 排出CO2をオフセットする提案スキームは、顧客に対し、当社が排出権販売提携会社(※4)を紹介し、顧客と排出権販売提携会社の間で、CO2排出権を売買するものです。高効率・省エネ照明器具へのリニューアルで捻出されたランニングコスト削減分の一部を使って排出権によるCO2排出量削減が可能となります。
 当社は、高効率・省エネ照明器具(施設用照明器具『Wエコ』など)へのリニューアル時にこの排出CO2をオフセットする提案を推進し、2009年度で100件の受注を目指します。

(※1)高効率・省エネ照明器具:主な高効率・省エネ照明器具は下記となります。
 ※ 関連資料参照

(※2)Wエコ:
 2007年発売の施設用照明器具Wエコシリーズでは、2灯分の明るさをランプ1灯で実現。
 従来型比38%(従来型85Whを平均53Whへ(*))の省エネ、加えて使用ランプの長寿命(従来型12,000時間を18,000時間へ)と省資源(従来型2本を1本へ)を実現。
 これにより、平成19年度省エネ大賞経済産業大臣賞を受賞しました。
 *工場向け直付型器具の場合

(※3)カーボンオフセット:
 CO2排出量分を京都メカニズム(※5)のクリーン開発メカニズム(CDM)(※6)による排出権を使い、相殺すること。実質的にはゼロに出来るわけではないが、排出権で排出枠を持つことで、排出量をマイナスし相殺すること。そのためには、1.排出削減努力、2.削減後の排出量の数値化と確定(見える化)、3.必要排出枠(オフセット量)の確定のステップが必要です。

(※4)排出権販売提携会社:
 海外でのクリーン開発メカニズム(CDM)実施で国連認証された排出権(CER)を調達、販売する会社。環境CSR企業や自主削減計画設定企業等へ販売。排出権は大別して現物(商品)としての販売と信託受益権(金融商品)としての販売の2パターンがある。

(※5)京都メカニズム:
 京都議定書で規定された排出権取引のスキーム。温室効果ガス削減義務達成のために認められた補助的手段。1.クリーン開発メカニズム(CDM)、2.共同実施、3.国際排出量取引の3手段がある。

(※6)クリーン開発メカニズム(CDM):
 先進国と開発途上国が開発途上国で共同事業を実施し、その削減分を投資国(先進国)が自国の削減目標達成に利用できる制度


■高効率・省エネ照明器具使用に伴うCO2排出量削減提案の概要
 (1)高効率・省エネ照明器具採用提案に際し、従来型と比較したCO2排出削減量を明確に提案し、リニューアル実施
 (2)同照明器具の使用に伴うCO2排出見込量を算出し、見える化
 (3)同照明器具使用に伴う顧客のCO2排出量削減(オフセット)について排出権を使って排出権販売提携会社と共同で実施


■顧客側のメリット
 ○省エネリニューアル実施後のランニングコスト削減分の一部のコストで、照明器具使用に伴うCO2をオフセット可能
 ○オフセットに使用する排出権も比較的小口(数100t程度)や必要な時期など柔軟に購入可能


■今回のCO2排出量削減提案の背景
 当社は従来、開発、生産から販売にいたるまでの事業活動全般で、自社CO2排出量削減への取り組みを強化するとともに、2007年より和歌山県田辺市の企業の森(「ながきの森」と命名)に参画した植林活動など、環境市民活動にも取り組んでいます。
 加えて、当社製品がビルや工場で使用される際の電力量削減(省エネ)に配慮した各種技術開発を進めており、最新の施設用高効率・省エネ照明器具「Wエコ」では、当社従来型比38%の省エネを達成しています。
 一方、2008年度より京都議定書の第一約束期間に入り、顧客側ではCO2削減の環境負荷低減ニーズは高まりを見せており、商品への高効率・省エネ化要望は一層高まっています。なかでも照明設備は、ビルでは空調に次ぐ2番目の電気消費量を占めており(約21%:(財)省エネルギーセンター調べ)、季節変動や外部要因による使用負荷変動が比較的少ないため、CO2排出見込量についてわかりやすい提案ができます。そうしたなかでこのたび、照明器具使用に伴うCO2排出量のオフセットを提案し、顧客の環境負荷低減活動をサポートします。


■CO2排出量削減提案の概要(図A参照)
 当社取組みのステップは以下の通りです。
(1)高効率・省エネ照明器具へのリニューアル提案時、同照明器具と従来型との省エネ量とCO2排出削減量を明確に提案し、リニューアルを実施します。
 この設備改善(リニューアル)により、顧客は省エネによるランニングコスト削減とCO2排出量削減を享受できますが、この段階でも同照明器具を使用する限り、CO2は排出されます。
(2)次に、この使用に伴うCO2排出見込量を算出、見える化し、顧客要望により、排出権を使ったオフセットのプランを紹介します。
(3)顧客は、この削減可能排出量を京都メカニズムによる排出権を使用し、オフセットします。
 この際、当社は顧客ニーズ(量、時期など)に最適な排出権販売提携会社を紹介します。
 その後、顧客は排出権販売提携会社との間で排出権売買を行います。


<図A>
●概要
 ※ 関連資料参照

●提案・商談の流れ
 ※ 関連資料参照


■CO2排出削減提案の具体的事例
●規模、使用用途  : 都内9階建て 約1.5万m2のオフィス専用ビル
●照明器具      : 約2,500台使用 
●リニューアル内容 : 従来型(FLR40W×2灯用器具、消費電力85W/台)をWエコ(G-Hf63W×1灯用器具、消費電力平均53W/台)へリニューアル

(1)リニューアル実施前の同ビルの照明器具年間電気消費量は85万kWh、年間電気料金は1,233万円、年間CO2排出量は333tです。
 この場合、CO2排出量全てをオフセットする年間コストは120万円(3,600円×333t)。

(2)Wエコでリニューアルを実施すると、照明に係わる年間電気使用量は、53万kWh。
 32万kWh、38%削減されます。また年間電気料金は769万円となり、464万円低減、年間CO2排出見込量は207tとなり、126t、38%削減されます。

(3)次に、上記(2)実施後にも使用に伴う年間CO2排出見込量207tをオフセットすると、オフセットする年間コストは75万円(3,600円×207t)となり、照明器具に係わる年間CO2排出量333tは全て削減できます。よって顧客は、リニューアル実施前に比べ年間電気料金が389万円(1,233万円-(769万円+75万円))削減でき、かつ照明器具使用に係わるCO2排出量(333t)をゼロにすることができます。

●具体的事例
 ※ 関連資料参照


以上
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/448-dfc065b8
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。