スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自社製品にCO2排出量表示 英スーパー最大手

2008年04月26日 23:00

 英スーパー最大手のテスコは地球温暖化対策として自社ブランド製品の一部、計30品目に、各製品の流通・販売過程などで直接生じる二酸化炭素(CO2)排出量をラベル表示する試みを近く始める。将来的には取り扱う全商品で表示する方針で、今回の措置はそのテストケースとなる。

 環境問題への意識が高い英国の消費者に先進的な取り組みをアピールする狙いもありそうだ。同社の広報担当者は「顧客に情報と(環境への負荷が少ない商品の)選択権を与えることは、極めて良い効果を生むだろう」と話している。

 対象商品はオレンジジュース、電球、洗剤や一部の野菜など。

 関東を中心に125店舗を展開するテスコジャパン(東京)は、日本での実施は「まだ予定していない」としている。

(2008/04/26 共同)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/468-a7bbfb59
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。