スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カーボンオフセット」、住宅購入者向けに――積水化学、環境配慮PR。

2008年04月28日 23:00

積水化学工業は住宅を新規に購入する顧客が生活することに伴い発生する二酸化炭素(CO2)を、排出枠で相殺する「カーボンオフセット」と呼ぶ取り組みを始める。二千三百六十五トン分のCO2排出権の取得費用に相当する資金を排出権取り扱いの日本カーボンオフセット(東京・港)に支払い、その分だけ住宅の顧客側が将来排出するCO2にあてがい、相殺する。

環境に配慮している姿勢を示すことで企業イメージを高めると同時に、太陽光発電装置の拡販などにつなげる。積水化学は日本カーボンオフセットが購入した排出権の取得費用の一部を賄う。金額は明らかにしていない。排出権自体は国に移転するが、積水化学が拠出した費用の分だけ、同社の住宅を購入するなどした顧客側が出すCO2を埋め合わせるのに使う。

四月二十六日以降に、
(1)太陽光発電装置付き住宅を契約した顧客
(2)住宅の購入希望者を紹介した同社製住宅の入居者――などが対象。
(1)の場合一組当たり一トン分(2)の場合、紹介一件当たり百二十キロ
グラム分のCO2をそれぞれ相殺する。

(2008/04/28 日経産業)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/473-e391e03b
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。