スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインを飲んで地球を救おう、ノルウェー

2008年05月02日 23:00

 フランスのボルドー(Bordeaux)ワインを飲んで地球を温暖化から救う試みを、ノルウェーのワイン輸入業者Bevcoがスタートさせる。

 29日のBevcoの発表によると、この試みはBIB(バッグ・イン・ボックス)と呼ばれる紙パック入りの仏ワイン「シャトー・ル・クリュゾー(Chateau Le Cluzeau)2006」をノルウェー国内で1パック販売するごとに、同社が18キロ分の二酸化炭素(CO2)に相当するカーボンクレジット(二酸化炭素排出権)を購入するというもの。これはBIB1パックの製造・輸送過程で排出されるCO2量のおよそ6倍に相当するという。

 カーボンクレジット取引で得た利益は、ノルウェーの非政府組織(NGO)「Framtiden i vaare hender(The Future in Our Hands、未来は我々の手に)」に寄付され、途上国のクリーンエネルギー対策に活かされるという。

 BIBパックは、内側に特殊プラスチック製の袋を施した紙製のパッケージで、容量はワインボトル3本分に相当する4リットル。 

 ノルウェーでの「シャトー・ル・クリュゾー2006」販売は3日から。

(2008/05/02 AFP)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/480-b494dbe6
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。