スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井物産、排出枠ファンドに参入・英専業と提携

2008年05月06日 23:00

 三井物産は温暖化ガスの排出枠を投資対象にしたファンドの運営事業に乗り出す。同事業専門の英国クライメート・チェンジ・キャピタル(CCC、ロンドン)と資本提携。排出枠取得プロジェクトを共同開発するほか、日本の投資家向けに新規ファンドを組成する。

 CCC社が実施した第三者割当増資の引き受けなどにより、出資比率10%弱の主要株主になった。投資金額は約20億円。今後、取締役の派遣や社員の出向などを通じて経営に参画する。

 CCC社は現在、総額約1200億円の排出枠ファンドを運営している。世界銀行の約2000億円に次ぐ規模で民間企業としては最大という。

(2008/05/06 日経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/483-2c6b751b
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。