スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国 経済協力で初の排出権獲得 国際協力銀行がフロンガス分解事業で

2008年05月09日 23:00

 中国江蘇省で実施された温暖化ガス「HFC23(フロンガス)」分解に関する2件のプロジェクトで、国際協力銀行(JBIC)が国連からクリーン開発メカニズム(CDM)排出権を受け取ったことが8日、明らかになった。中国でのプロジェクトはJBICが経済協力事業として出資した世界銀行の温暖化ガス削減基金「プロトタイプ・カーボン・ファンド」(PCF)支援で実施された。JBICは今回を含め、PCFから合計174万二酸化炭素(CO2)換算トンの排出権を獲得する見込みだ。

 JBICが受領したのは同省常熟市と泰州市で行われたフロンガス分解に関するプロジェクトで発行となった排出権。JBICは世銀のPCFへの出資割り当て分として約2万5000CO2換算トンを獲得した。

 国連CDM理事会で発行された排出権が、国別登録簿上のJBIC口座に移されたのは今回が初めて。

 2000年に世銀が設立した同基金には、日本や欧州など10カ国の政府や民間企業が計1億8000万ドルを出資。JBICは1000万ドルを出資している。

 日本からは東京電力や中部電力、三菱商事や三井物産なども参加している。

 PCFは、インドネシアやウガンダなどの途上国で実施される水力発電やバイオマス発電などのプロジェクトで出る見込みの排出権に対し、事前に同排出権の購入契約するしくみ。すでに24のプロジェクトで計3100万CO2換算トンの購入契約を締結している。

 排出量削減の義務を負う先進国にとって、アジアなど途上国への資金支援で排出権を獲得できるメリットを生かすPCFは、CDM事業への新たな取り組みとして注目を集めていた。

 このところ、政府開発援助(ODA)の円借款支援や民間企業の事業がCDM事業に登録される動きが広がるなか、JBICが実際に排出権を得たことで、官民ともCDM事業への取り組みが活発化しそうだ。

(2008/05/09 FujiSankei Business i.)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/489-77cf4c26
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。