スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・マッカートニーがトヨタへ批判 環境への配慮が足りない!」

2008年05月16日 23:00

 環境保護の推進運動に熱心な元ビートルズのポール・マッカートニーさんが、トヨタ自動車を批判したとして英メディアが報じている。

 環境保護の推進運動に熱心な元ビートルズのポール・マッカートニーさんが、トヨタ自動車のハイブリッド車レクサスLS600を日本から英国に空輸したところ、英国の一部メディアから「環境への配慮が足りない」と批判を浴びている。商品の移送が船便でなく航空便で行われたことから、「(飛行機が排出する二酸化炭素によって引き起こされる)環境への影響は、車を運転して世界を6周するのに相当する量」(環境団体CO2バランス代表)などと批判されたのだ。

 しかし英デイリー・メールは13日、「ポール氏はトヨタに対して憤慨している」と報道。記事によるとポールの関係者は「ポールはレクサスが空輸されたと分かって、愕然とした。環境保護運動をしてきた彼は大きい車を日本から英国まで何故飛行機で輸送しようとするのか全く理解できていない。もちろん配送については彼は関知していない」と語っている。

 日本でこの事件を知ったインターネットユーザーは、掲示板などで「そもそも日本の車を買わなければよかったのでは?」「言いがかりだ」などと書き込んでおり事件について半ば呆れているようだ。トヨタはこの件についてコメントしていないが、思わぬ人物とトラブルに巻き込まれてしまった。

(2008/05/16 MONEYzine)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/507-6e91abbd
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。