スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和証券グループなど、「排出権価格連動クーポン付米ドル建債券(元本確保型)」を販売

2008年05月23日 23:00

大和証券グループ、世界銀行と共同開発した
「排出権価格連動クーポン付米ドル建債券(元本確保型)」
(愛称:World CO2L Bond(ワールドクールボンド))を売出し

 このたび、世界銀行と大和証券グループは、特定の温室効果ガス削減プロジェクトの排出削減実績と排出権価格等にクーポンが連動する新型の債券、「排出権価格連動クーポン付米ドル建債券(元本確保型)」(以下、「本債券」といいます)を共同開発し、大和証券グループにて同債券の売出しを行うこととなりましたのでお知らせいたします。

 本債券は、京都議定書に基づく排出権取引の仕組みを活用した、「世界初」*の売出債券となり、本債券の仕組みを世界銀行と共同で開発した大和証券エスエムビーシー株式会社が売出しを行います。また、大和証券株式会社は、売出取扱人として、日本の個人投資家を中心に同債券を販売いたします。

 投資家は本債券を通じ、温室効果ガス削減プロジェクトに間接参加することになるため、排出権取引のさらなる活性化が促進され、京都議定書に基づき排出削減義務を負う各国の目標の達成に寄与することが期待されます。

 世界銀行ならびに大和証券グループは、今後も金融の仕組みを通じて、社会の持続可能な発展に寄与してまいります。

 *大和証券SMBC株式会社調べ

※「CO2L」、「クールボンド」は大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社の登録商標です。

【 本債券の概要と特徴(予定) 】

 名称:国際復興開発銀行2013年9月30日満期排出権価格連動クーポン付米ドル建債券(元本確保型)
 申込み単位:10万米ドル
 売出期間:平成20年6月9日~平成20年6月24日
 特徴:クーポン条件を「特定の温室効果ガス削減プロジェクトから発行される認証排出削減量(CER発行量)」と「CER市場価格」等に連動させた仕組みとしたことに加え、公表情報を活用するなど、可能な限り透明性を高める工夫をした点にあります。


【 温室効果ガス削減プロジェクトの概要 】

 プロジェクト名:紅岩(ホンヤン)小規模水力発電事業
 プロジェクト実施場所:中華人民共和国、貴州省安龍(アンロン)市
 プロジェクト参加者:
  安龍県三河水電開発有限公司(アンロンシェンサンホーシュイディエンカイファヨウシェングォンスー)
  大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社

(独立性を保つため、世界銀行が直接関与していない温室効果ガス削減プロジェクトを選定しております。)

※世界銀行について
 世界銀行は、加盟国185カ国によって所有される国際機関である。その目的は、加盟国が国内経済において公平且つ持続可能な経済成長を成し遂げ、経済発展および環境維持に関する地域的・全世界的問題を効果的に解決する手立てを見出すことである。世界の人々の貧困の克服と生活水準の向上を目標とする。Aaa/AAA(ムーディーズ/スタンダード・アンド・プアーズ)の格付けを有する世界銀行は世界銀行グループの中では最も歴史が長い最大の組織であり、加盟国に対して融資、リスク管理商品、信用力向上のツールを提供する。これらの活動の為に、世界銀行は60年にわたり国際金融市場で債券を発行している。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/519-90308fed
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。