スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースリリース 清水エスパルス ジュニアユース(U-14) ブラジル サッカー&エコ遠征のお知らせ

2008年08月08日 23:00

2008年8月8日

 この度、清水エスパルスのジュニアユース(U-14)が、ブラジルにサッカー&エコ遠征をすることとなりましたので、下記の通りお知らせいたします。

 これはエスパルス エコチャレンジの一環で、次世代をになう若者たちにサッカーを通じて地球環境と国際交流への認識を深めてもらい、さらには今年が日系移民100周年の年であることから、移民の歴史にも触れてもらおうという画期的な遠征となっております。

 また、本件は、ブラジルのCERAN社様のエスパルス エコチャレンジへの共感に端を発し、ブラジル三井住友銀行様とブラジルの旅行会社さくらツール様のご尽力とご協力により実現の運びとなりました。


【期間】
平成20年8月19日(金)~8月28日(日)

【場所】
[ブラジル]
サンパウロ市、ポルトアレグロ市

【目的】
エスパルス エコチャレンジの一環としてのサッカー&エコ&国際交流

【内容】
[サッカー]
日伯100周年記念サッカー大会(対インテルナショナル、ジュベントージ、サンジョゼ)、インテルナショナルとの交流試合、インテルナショナル対フラメンゴの前座試合@インテルスタジアムなど。
[エコ]
地球温暖化セミナーへの参加、CERAN社水力発電所見学。
[国際交流]
ブラジル静岡県人会との交流会、ブラジル日本文化協会日本移民資料館訪問など。

【参加者】
清水エスパルスジュニアユース(U-14)選手19名
監督以下スタッフ4名
計23名


※この遠征は、地球温暖化防止活動に貢献する(株)エスパルスとセラン社が、ブラジルの国技であるサッカーを通じてのエコ活動の啓蒙と推進、サッカー交流、そしてブラジル移民の歴史への理解を深めると同時に、日伯のさらなる発展と深い絆の構築を願って実施するものです。
※CERAN社は、石炭火力の多い地域であるブラジル・リオグランデドスール州でいち早く小規模水力発電を実施。創出した排出権を日本の電力会社へ販売し、日本の京都議定書の目標達成に貢献した先進的な企業です。

※帰国後の写真、動画などの貸し出しを予定しておりますので、詳しくはお問い合わせください。

http://www.s-pulse.co.jp/news/20080808-1008.html
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/559-102acfc9
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。