スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコビズ、完全再利用の梱包材、CO2排出枠付きでリース。

2008年09月10日 23:00

梱包資材販売のエコビズ(大阪市、沢地憲一社長)は十月、生地や部品などすべてを再利用した荷崩れ防止用の梱包資材をリース販売する。再生ポリエステル製生地を使用後に分解・再生し、部品は再利用する。一枚当たり約四十キログラムの二酸化炭素(CO2)排出枠を付与して提供。顧客企業は同製品を使用することで、温暖化ガスの排出削減を推進できる。

新製品「エコビズベルト」は、積み上げた商材を締め付けて荷くずれを防ぐベルト状の梱包資材。生地は帝人ファイバー(大阪市)が再生ポリエステル繊維を供給し、使用済み素材も再生する。

プラスチック製部品はエコビズが回収し、安全性を確認して繰り返し使う。使い捨ての透明フィルムを利用した梱包に比べてCO2排出量と物流コストを抑制できる。

透明フィルムから同製品に切り替えることによる重量の増加で、運送時増えるとみられる量に相当するCO2排出枠を国内の信託銀行から購入し、製品に付与する。リース期間は二年で月額は一枚五百三十円。

環境対策をアピールしたいメーカーなどに向け初年度に一億五千万円の売り上げを目指す。NECが開発したRFID(無線自動識別)端末も製品内に組み込まれている。

(2008/09/10 日経)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/572-f7055f6e
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。