スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界初!宅配革命!! 「エコ配」がついに完全カーボンオフセット物流を実現!

2008年09月29日 23:00

世界初!宅配革命!!
「エコ配」がついに完全カーボンオフセット物流を実現!
~一年分のCO2 排出量をカーボンオフセットにより実質ゼロに~
排出権購入費は全額自社負担、消費者負担をゼロに抑える。
カーボンオフセットが最も困難とされる物流業界で初の取り組み。

株式会社エコ配

荷物のワンサイズ化と、集荷・配送地域(東京、大阪、名古屋の三大都市圏を中心としたエリア)限定により、一律280 円(税抜)という低価格での宅配を実現した、エコロジーでエコノミーな宅配便「280EXPRESS」を運営する、株式会社エコ配(社長:福井康司、本社:東京都千代田区、以下:エコ配)は、カーボンオフセット(※1)を実現するため二酸化炭素排出権を9 月29 日に購入します。これにより、配送車両からのCO2 排出量を相殺し、集荷・配達にかかるCO2 排出量が実質ゼロの状態を実現します。

今回の取り組みは、現在、エコ配が使用する車両の年間CO2 排出量を1,200t と算出し、三井物産株式会社が中央三井信託銀行へ信託した排出権の信託受益権1,200t 分を購入することで、集荷・配達にて排出したCO2 を相殺し、実質CO2 排出ゼロの集配を実現するものです。なお、業界初の試みとして、排出権取得にかかる費用は全額エコ配が負担し、消費者に価格転嫁をさせないモデルを採用しております。

従来、エコ配は、集配地域を東京、大阪、名古屋の三大都市圏を中心としたエリアに限定し、さらに荷物をワンサイズに限定することで、均一の280 円という低価格での配送サービスの提供を可能にしてきました。同時に、完全にCO2 を排出しないネットワークを構築する「『CO2 ゼロ』ECO 宣言」を掲げ、本年9 月には、配送車両において、自転車などのエコ車両導入を全体の45%まで進め、一人当たりの配送エリアを半径およそ1.7kmまで縮小することに成功しました。

しかし、たとえば東京から大阪など、集荷拠点から配送拠点までの輸送においてはトラックなどの車両を使用せざるを得ず、実際のCO2 排出が避けられない部分が現状ではあるため、カーボンオフセットの仕組みを導入するに至りました。

なお、取得した排出権は、既に国連CDM 理事会により発行済のもので、10 月末日に日本政府管理口座へ無償移転することで、京都議定書(※2)で定められた温室効果ガス削減目標であるマイナス6%にも貢献します。

エコ配では、今後も配送車両の自転車化を進め、また、自転車での配達が困難なエリアも電動バイク・自転車導入を推進、さらなるCO2 排出量の削減に取り組み、環境経営を推進してまいります。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/579-a070f8fb
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。