スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラス、販売チャネル別5タイプに分冊した2009年版総合カタログを発刊

2008年12月01日 23:00

カタログ配送時に排出するCO2のカーボンオフセットを実施!
プラス、2009年版総合カタログを発刊

-販売チャネルに合わせ5タイプに分冊-


 プラス(株)(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉公二)は、2009年版総合カタログを販売チャネルに合わせた5タイプに分冊し、12月1日に発刊いたします。
 オフィス家具カタログ・文具カタログを昨年同様、別々に発行するほか、文具販売店向けの家具・文具合本版を制作。また海外展開強化のため、文具は新たに専用の英語版とドイツ語版を追加しました。各カタログとも、製品紹介だけでなくコンセプトページを強化し、製品への一層の理解・浸透とPLUSプランドイメージの向上を図ります。
 また、今年度から新たにカタログ配送時に排出されるCO2についてカーボンオフセットの取り組みを開始します。グループ企業で物流サービス事業を展開するプラス ロジスティクスを通じ、三菱UFJ信託銀行を介して取得したCO2の排出権の信託受益権で、発生したCO2を相殺する仕組み。同時に、当該排出権を政府に無償提供して、日本のCO2排出量削減に貢献します。メーカーの製品を紹介する年間カタログとしては、文具・オフィス家具業界初の試み(※)で、カタログのお届けと同時に、地球温暖化防止に取り組むことで、企業の社会的責任をサポートしてまいります。

(※)2008年11月・当社調べ

<<2009年版総合カタログの特長>>
◆ 「PLUS オフィスファニチャーカタログ2009」
巻頭特集「Your Style + PLUS」で、上質なオフィス空間をご提案
 「エッジとバランス」をテーマに、さらにスタイリッシュなカタログに一新。上質で快適なオフィス空間を求めるユーザーニーズにお応えし、中高級品市場をメインターゲットに、インテリア性の高い、高付加価値製品を強化しています。
 巻頭ページでは、"Your Style + PLUS"をコンセプトに、オフィス空間の新たな可能性の拡がりを予感させる様々なシーンを紹介するとともに、海外セレクトブランドとして新たに5ブランド122アイテムを掲載。これまでもショップ「+PLUS」等で展開してきた『ファントーニ』(イタリア)や『キールハワー』(カナダ)をはじめ、『ノール』(米国)、『マジス』(イタリア)、『クレストラ』(フランス)のデザイン性の高いデスクやチェア、ガラスパーティションとPLUS製品とのクロスオーバーで、これまで以上に先鋭的・高感度で個性的なオフィス空間をご提案します。

◆ 「PLUS ステーショナリーカタログ 2009」
開発力をビジュアルに表現! ドイツ語版も発刊
 海外市場での販路拡大を目指し、一般カタログにも英文を併記するとともに、今年から新たに海外取り扱い製品のみを掲載した英語版と、ドイツ語版専用カタログを発刊。グローバルメーカーブランドとしてのイメージをより鮮明に打ち出してまいります。
 カタログ巻頭では、製品開発への企業としての取り組みとともに、修正テープ・ホッチキスなど主要製品の技術紹介や開発談を掲載。製品や使用時の画像を大きく紹介し、文具の持つ楽しさ、デザインや技術の面白さをビジュアルで感じていただけます。
 また商品ページでは、注目のセキュリティ分野の商品を特集。お客様のセキュリティに対するニーズにわかりやすくお応えしています。

◆ 「PLUS 合本版カタログ 2009」
文具販売店などを通じてご利用いただくお客様ニーズに応えた新刊
 文具・家具総合メーカーとしてのプラスブランド強化のため、お客様からのご要望の声も根強かった「合本版」を文具販売店ルートに向けて新たに発刊。
 すべてのプラス製品を網羅する合本版ならではの閲覧性、検索性の良さを提供するとともに、扱いやすい重量や体裁を追求し、プラスブランド総合カタログとして利便性の高い一冊になっています。

  記

■2009年版総合カタログ概要
 * 関連資料 「別紙」 参照

■カーボンオフセットの流れ
 * 関連資料 「別紙」 参照


<お問合わせ先>
お問い合わせセンター TEL:0120-000-007
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/593-4673674a
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。