スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱UFJ信託、温暖化ガス排出権で信託商品

2006年12月22日 08:30

 三菱UFJ信託銀行は国内で初となる「排出権信託商品」を清水建設と共同で開発することで合意した。清水建設は二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出量を減らしたとみなされる「排出権」を販売するビジネスを始める計画で、三菱UFJ信託が購入を希望する顧客との間に立って管理や事務を請け負う。両社が近く発表する。

 信託化することで、排出権の小口化ができる。これまで電力会社や総合商社といった大企業が相対で大口の排出権の売買を契約するケースはあったが、小口化で中堅・中小企業や個人の富裕層まで温暖化対策の1つとして排出権売買に参加できるようになる。実際の売買は2007年度から始まる予定だ。

(日経 2006/12/22)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/6-e63e414c
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。