スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレディ・スイス:二酸化炭素削減に取り組む企業で構成する指数導入

2007年08月01日 23:00

スイスの銀行2位、クレディ・スイス・グループは1日、二酸化炭素(CO2)排出量の削減に取り組む企業で構成する指数を導入したことを明らかにした。

クレディ・スイスが同日、電子メールで発表した声明によると、同社が導入した「グローバル・ウオーミング・インデックス」は40銘柄で構成。このなかには穀物などの再生可能エネルギーから電力や燃料を製造する企業のほか、エネルギー消費やCO2排出量削減の管理を手掛ける企業が含まれる。

各国政府は、気候変動を抑制するためエネルギー生成の際に発生するCO 2の排出量削減目標を強化している。排出量削減プログラムに基づいて欧州連合(EU)のCO2取引市場などで排出権価格が設定されることが、温暖化ガス排出量の削減促進につながっている。

クレディ・スイスの世界エクイティ担当チーフストラテジスト、アンドルー・ガースウェイト氏(チューリッヒ在勤)は「各国政府は地球温暖化への取り組みを始めたばかりだが、この問題が重要であることはだれもが認識している」と述べ、「この新しい課題に対応するためにポートフォリオをどのように作成するのが最も効果的であるかを検討する必要がある」との見方を示した。

証券3位の米メリルリンチは7月30日、エネルギー効率の改善により増益を図る企業で構成する指数を導入すると発表した。

(2007/08/01 Bloomberg)
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://carbonf.blog99.fc2.com/tb.php/99-b39cc3b3
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。